夢占い

【夢占い】上司の夢を見てしまうのはなぜ?20の意味を知る

夢占い 上司

上司は会社で働く上で避けては通れませんよね。
また、「上司が変わった途端に会社で働くことがつまらなくなっちゃった…」なんてことがあるくらい、大きな影響を与える存在でもあります。

では、そんな上司の夢のほとんどは仕事に関する暗示になるようです。

今回は夢占いで上司があらわす夢の意味について、パターン別にご紹介します。
 
 

上司に怒られる夢

 
仕事のミスを早めに修正すべきことを暗示しています。
ミスの修正は内容によっては時間を要するので大変かもしれませんが、早めにやっておいた方が拡大を防げるもの。
この夢を見たら、素早く対処するように心がけたいところです。

ただ、仕事でどこをミスしているのかわからない場合は、1つ1つ確認する作業が必要です。
見つからなければ気にすることはないですが、見つかった場合はできるだけ早めに修正作業にとりかかりましょう。
 
 

上司に反抗する夢

 
仕事に不満がある時に見る傾向です。
表面的には指示に従ったり、顔を立てたりしているように見せてはいますが、本当は納得できないことが多く、我慢し続けている状態です。

現実で自分を抑え込んでいる分、夢の中で反抗していることから同じ状況が長く続いてしまうと、精神面に負担をかけてしまう可能性があります。

場合によっては、部署異動を願い出たり、思い切って職場を変えたりなど、上司から離れる術を検討しましょう。
 
 

上司に殴られる夢

 
この夢は逆夢と言われ、実際には好意のあらわれです。
つまり、上司が自分を応援してくれるサインなのですね。

出世や昇進といったことも期待できる良い夢なんです。

が、それは、特に上司にやましいことが無い場合の話。
もし、仕事でのミスを隠したり、嘘を付いたりしている時に見た場合は、抱えている不安がそのまま反映されたものと言えるでしょう。

激しい怒りを向けられることに恐怖を感じてはいるものの、できればこのまま穏便に済ませたいという考え方をしていることになります。

怒られるのは辛いでしょうし、評価に響いてしまう可能性はあります。

ですが、一時的には問題なかったとしても、後で大きな問題に発展するリスクを抱えることになるので、言いにくい部分はあったとしても早めに報告すべきですよ。
 
 

上司を殴る夢

 
なかなかに野蛮な夢ですが吉夢です。
実際にこんなことをしたら一時は気分がスカッとしそうですが、訴えられる場合もあるので現実でマネしないようにしてくださいね。

さて、この野蛮な吉夢を見たら、主に仕事面で良いことがありそうです。

今での努力や業績が認められ、上司から出世や栄転などのお知らせがあるかもしれません。

だからといって気を弛めてしまうと思わぬ落とし穴に嵌まってしまいますので注意しましょう。
身体に気を付けてお仕事頑張って下さいね。
 
 

上司と喧嘩する夢

 
真剣に仕事に取り組んでいる暗示です。

この夢は、上司と喧嘩をしても仕事に妥協しない、自分の意見をはっきり伝えることなどを示しています。

実際にそうでなくても、こういう自分だったらいいのに、という思いでいるのではないでしょうか。

どちらにしても、きちんと仕事に向き合っているからこそ、こういった夢を見たのでしょう。

上司に意見する段階に進めなくとも、意志疎通出来るくらいを目標にして精進すると良いかもしれませんね。

また、喧嘩する夢は逆夢になるケースが多いとも言われています。
上司と喧嘩をして気分がスカッとする夢なら、現実の上司との関係が進展する兆し。

おかげで仕事がさらにスムーズに捗りそうですよ。
 
 

上司からクビにされる夢

 
自己評価が低い、という意味です。
自己肯定感がとても低く、自分の長所は浮かばないけど短所はいくらでも思い浮かぶのではないでしょうか。

仕事や恋愛、家事など、色々なことにおいて自信をなくしてしまっているような状態です。

実際にクビになるということではありませんが、このまま卑下を続けてしまうと運が下がってしまいます。
どんな人でも得意とすることはあるので、自分が得意だと思えることを考えてみてください。
 
 

上司に褒められる夢

 
努力が報われる暗示です。

地道な努力が実を結び、周囲の人々からより良い評価が得られるでしょう。
成果も上がり、仕事への意欲も倍増しそうです。

また、仕事運全般が上向いており、周囲の人間関係も良好になります。
夢の中に出てきた上司はもちろん、同僚や先輩、後輩からも頼られる存在になるでしょう。

もし現実の仕事があまりうまくいっていないのに、この夢を見た場合は、上司に努力を誉めてほしいという願望を表します。

いずれ努力は報われますので、それを信じて今後も前向きに仕事に取り組んでいきましょう。
 
 

上司が笑う夢

 
表情を和らげて上司が優しく笑っていたなら、手がけている仕事が順調にはかどっていき、アクシデントが起きたとしても、協力者があらわれ切り抜けていけることが暗示されています。

けれども、大げさなほど笑っている、リアクションも大変派手な状態で笑っていたなら、自分が現在かかえている仕事の内容に苦労をしていたり、自信を失っていることがうかがえます。

仕事を変えようと考えることもあるでしょう。
落ち込むことなく、こういう時もあると開き直っていくことです。
 
 

上司から電話がかかってくる夢

 
上司との関係が良好であることを表します。
または、今後さらに関係はよくなるでしょう。

仕事の悩みや相談ごとはもちろん、場合によっては仕事以外のことも上司と話してみるのもいいかもしれません。

夢のなかで上司と電話で話した内容は、現実世界とリンクしている場合があります。

上司からの夢のなかでの電話の指示は、自分へのメッセージです。
起きても覚えているなら、実践してみましょう。
 
 

上司と食事する夢

 
仕事に対して不安や悩みがあることを表します。

上司に相談したい、頼りたい、助けてほしいと思っていることが、夢で食事として現れます。
可能であれば、早めに上司に相談してみましょう。

また、食事する夢は人間関係の運気がアップする兆しです。
普段相談しにくいことや、悩んでいることなど、積極的に上司に話してみるのもいいかもしれません。
上司との関係がよくなることによって、仕事もしやすくなります。

 
 

上司から告白される夢

 
現実の自分の上司に悪い思いは抱いていないことがわかります。
むしろ、上司のさまざまな点が自身にとって、理想ともいえることがうかがえます。

コミュニケーションもうまくいっているのでしょう。上司が未婚であったり、恋人がいないようであれば、思い切って想いを打ち明けてみるのも良いでしょう。

また、上司のことを考えているばかりで、仕事がおろそかにならないよう気をつけていきましょう。
素敵な上司に恵まれており、ワーキングライフに彩りがあることが示されています。
 
 

上司に抱きしめられる夢

 
仕事運が上向く暗示です。

もし現在、仕事に行き詰まりを感じたり、失敗で落ち込んでいる場合でも、間もなく周囲や外部からの助けが得られるでしょう。

この助力を提供してくれるのは、上司だけに限りません。
同僚であったり、取引先、もしくはプライベートな友人という可能性もあります。

また、抱きしめられるシチュエーションは、他人とのコミュニケーション不足を表す場合もあります。

もしかしたら、休日でも仕事のことで何か気掛かりがあり、友人や親しい人と過ごす時間が不足気味なのかもしれません。
なるべく時間をやりくりし、私生活の充実を図ってみることをお勧めします。
 
 

上司が家に来る夢

 
仕事が、最大の関心ごとになっている暗示です。

今の仕事に対して満足しているのならば、仕事はが精神的支柱で生き甲斐になっています。
その夢に現れた上司が、近々、自分の仕事ぶりを評価してくれるでしょう。

反対に、仕事に対して不満がある場合は、仕事に対して前向きな気持ちが失われ、投げやりな態度になっているようです。
上司に相談すると、的確なアドバイスをしてくれるでしょう。
 
 

上司にプロポーズされる夢

 
上司に好意を気付いて欲しかったり、気付いてもらえず心が苦しかったりする場合に見ることがあります。

現実では思い通りにいっていないことから、最高に幸せなシチュエーションのプロポーズされているシーンが夢になってしまいます。
上司の方からアプローチされずに状況の進展を望めないのであれば、自分からアプローチを仕掛けることを検討しましょう。

すると、停滞していた状況を変化させることができます。
 
 

上司とキスする夢

 
その上司と息がぴったりと合い、仕事が大成功する兆しです。
その上司のことを好きか嫌いかというのは別の話。
例え嫌いでも仕事上では「あうんの呼吸」で全てが上手く行きます。

ですから仕事が上手くいくように考えた意見なら、少々の言い合いや喧嘩が絶えなくても心配はご無用。

さらには能力を高く買ってくれる可能性もありますので、日々の仕事の努力を怠らないように心掛けていきましょう。
努力は必ず報われるはずです。
 
 

上司が死ぬ夢

 
夢を見た時の様子で意味が変わります。

特に何も感じずにいた時は「問題解決」を表しており、上司の死が悲しい時は「現在の仕事での苦境や不安」を表し、上司の死を安堵している場合は「仕事運の低迷、上司に対しての嫌悪感」を表します。

しかし、一概に悪い夢とも限らず部署の中での自分の理解者でもある上司が亡くなるという事は、ご自身が一人前になり立派に仕事をこなす暗示でもあります。

これを機会に新しい仕事への取り組んでみた理、昇級試験への挑戦してみるなど、仕事の幅を拡げてみる事もオススメです。
 
 

上司が退職する夢

 
自分の元から世話してくれた上司が立ち去ってしまう可能性があります。

実際に異動や転勤になってしまう場合もありますし、退職してしまう可能性もありますが、同じ職場にいたとしても関わりが無くなってしまう事を暗示しています。

しかしそれは悲しいことばかりではありません。
お世話になったその上司から巣立ちや旅立ちを意味している事も示しているので、機があれば感謝の気持ちを表すようにしてください。
そうすればこれからも自分を見守ってくれる、心強い存在でいてくれるはずです。
 
 

上司より出世する夢

 
出世して、上司よりも上の立場になる場合は、仕事運が上昇しているサイン。
仕事がノリに乗ってくるかもしれませんよ。

とは言え、ここからが頑張り時です。
努力しないと元も子もありません。
もし仮に、すぐに出世はできなくとも1歩1歩確実に進むべき道を登っています。

今の頑張りが将来に繋がってくるはずです。
気を引き締めて、仕事に邁進しましょう。
 
 

上司の椅子に座る夢

 
強い野心を抱えている暗示です。

仕事でもプライベートでも自分の理想や野心を叶える為に、虎視眈々とチャンスを狙っているようです。

その為、上手く立ち回っていても、しばらく付き合っていると離れていく友人なども少なくないのかも。
周囲には、自分と似たタイプの人か、逆らわない人しか残らない傾向です。
 
 

元上司が出てくる夢

 
現在の上司に不満を抱えている場合があります。
以前と比べて性格や仕事の能力面で自分と合わない部分が多く、負担に感じている時に見ることがある夢です。

自分が変わるか、現在の上司を変えるかという対策を取るしかないかもしれません。
転職をしたり、人事異動で他の部署での仕事を希望したりといった検討をおすすめします。

ただ、転職や部署異動は新しい職場環境や仕事に慣れなければならないので、慎重に判断することが大切です。
 
 

まとめ

 
いかがでしたか?

上司の夢は良くも悪くも仕事に関わるパターンが多く見られるもの。
もし、悪い意味をあらわす夢を見てしまったとしたら、仕事との向き合い方を見直すタイミングなのかもしれませんね。

納得のいく答えが見つかることを祈ってます。

以上、今回は上司の夢の夢占いの意味についてお届けしてきました。
それでは、また。

ABOUT ME
TAKA
TAKA
幼少期より正夢・予知夢を見ること多数。夢の不思議な世界に魅了され、独自に夢占いを学ぶ。夢占い師の資格取得をキッカケに、もっとたくさんの人に素敵な夢占いの世界を共有したいと思い、夢占いラボを設立する。好きな言葉は『継続は力なり』。