夢占い

【夢占い】ライブの夢を見たのはなぜ?19の意味を知る

夢占い ライブ

ライブって何度行っても楽しいものですよね。
イヤホンやスピーカーの性能がどれだけ良くなろうと、やはり生の演奏には叶いません。

では、そんなライブをあなたが夢の中で観ていたのだとしたら、そこにあらわれた意味とは?

今回はライブの夢の夢占いの意味を調べてみました。
 
 

夢占いでライブの夢ってどんな意味

 
ライブの夢は、刺激を求める気持ちの象徴です。
それはいわば、現実に退屈していたり、落ち込んでいたり…
何らかの不満を感じている証拠と言えます。

ライブで聞く音楽のジャンルが、あなたの求めているものを反映しているでしょう。
例えば、激しい曲調なら、毎日に刺激的な変化を欲しているということ。
悲しい曲調なら、心の中の悲しみを吐き出しそうとしていることを暗示します。

なお、過去にライブに行ったことがあるアーティストが出てきたとしたら、過去の体験が夢に反映されたものと言えるでしょう。
この場合、夢自体にそこまで深い意味はなさそうです。


このように見ると、ライブの夢の意味は意外とシンプルに感じますよね。

ただ、やはりライブの夢のシチュエーションは人それぞれ、千差万別です。
あなたが見た夢の展開、そして、実際に置かれている状況を踏まえた上でその意味を判断して行きましょう。

では、ここからは、ライブの夢のいくつかのパターンを見ていきます。
あなたが見た夢と似ているシーンがないか、よくチェックしてみてくださいね。
 
 

一人でライブに行く夢

 
一人でライブに行く夢は、刺激を求めて行動をしたいと思っている時の心理状態です。

しかし周囲の人があなたのしようとしていることに反対すると思いますが、それを押し切ってでも行動しようとしてしまいます。

周りに反対された場合は素直にやめておくようにしましょう。

デンジャラスなことに足を踏み入れて後で痛い目を見てしまうことになりそうです。

例えば新しいことをするのに大きなお金を注ぎこんで損してしまったり、浮気をしてしまったりなどする場合もあります。
忠告を聞けば何も悪いことは起こりません。
 
 

誰かとライブに行く夢

 
誰かとライブに行く夢は、対人運が上昇しています。
ライブは1人でも楽しめるものですが、友達や知り合いと行っても楽しむこともできます。

そしてライブ会場で長い待ち時間の間、知らない誰かと会話をして、指定席ではない場合は一緒にライブを楽しむことも可能です。

仲良くなりたいと思っている人がいるなら、思い切って誘ってみましょう。

この夢は、「きっと友情は深まりますよ」という夢からのエールかもしれませんよ。
 
 

雨の中ライブに行く夢

 
雨は停滞している運気の表れですが、雨の中ライブに行く夢はさほど悪いものではありません。

なぜなら、雨は夢占いにおいて運気上昇の象徴。
恵みの雨は、これまでの過去を洗い流し、未来に待っている幸せや楽しみを示しているのです。

現在は仕事や恋愛、様々なことでつまづき落ち込みやすい状況にあります。
しかしもう悪いピークは過ぎ、今後は良いことが起こるという前触れでもあるのです。

嫌なことばかりで塞ぎ混んでいた人も、この夢を機に気持ちを切り替えることをおすすめします。
 
 

好きな歌手やバンドのライブに行く夢

 
好きな歌手やバンドのライブに行く夢は、現実では不満やストレスを抱えている時期に見ることがあります。
実際にライブに参戦することが唯一のストレス解消になっている人もいるでしょう。

特に大好きなアーティストのライブの夢を見ているのですから、現実でもっと楽しいことはないかなぁと日常のつまらなさに嫌気が差してしまっている状態でもあります。

こんな時は思いきって本当にチケットを取って好きなバンドなどのライブに行くのがオススメです。
 
 

ライブで踊る夢

 
ライブで踊る夢は、異性とのスキンシップが欲しい思いが高まっています。
最近性的なことを何もしていない、もっとしたいと自分の体が求めている時にライブ中に踊るという夢を見ることがあるようです。

また、性的な意味以外でも、「もっと人と楽しいことをしたい」という気持ちがこの夢を見せることも。

身近に暇そうにしている友達がいたら食事や遊びに誘ってみましょう。
人と関わる時間が増えることで、あなたの欲求は自然と満たされていくことでしょう。
 
 

ライブの前列の席が取れる夢

 
ライブの前列の席が取れる夢は、あなたに周囲からの注目が集まるサイン。
最前列というのは自分もアーティストを目の前で見ることも出来ますが、アーティスト側からも注目されやすいもの。

つまり、今置かれている環境で、スポットライトが当たる存在になれる兆しです。

それだけ、やりがいも感じられますが、同時にあなたの一挙手一投足が見られているということでもあります。
人の目を意識しすぎるもも考えものですが、自分の行動が周りの人からどう見えているのかは、常に気にかけておきたいところですね。
 
 

ライブが中止になる夢

 
ライブが中止になる夢は、思い通りにならない現状を暗示しています。
あなたが抱えている不満や問題の解決は、もうしばらくかかりそうです。

ただ、どうにもならないとはいえ、希望がなくなってしまったわけではありません。

一つうまくいかないことがあったとしたら、別の何かを試せばいいだけ。
うまくいかなかったことにこだわるのではなく、気持ちを切り替えて、新しい方向を模索することが大切です。
 
 

ライブに遅刻する夢

 
ライブに遅刻する夢は、「不注意やトラブルに気を付けて」というメッセージ。
思わぬ事態によって、これまでの努力が水の泡になってしまうかもしれません。

そうならないためにも、普段から言動には十分に気をつけておきたいところです。

今、一生懸命取り組んでいることがあるのなら、準備は念には念を入れて行いたいところです。
 
 

ライブでファンサービスを受ける夢

 
ライブでファンサービスを受ける夢は、誰かにこうして欲しいという欲求に表れです。
憧れの人との触れ合いは楽しい夢のように思いますが、夢占いの世界では凶夢に分類されています。
特定の誰かにもっとこうしてくれたらいいのにと思っていませんか。
望むだけでは何も現状は変わりません。

欲求をぶつけることで人間関係が悪化してしまう恐れがあることを警告しています。

相手にあれこれ求めるのではなく、自分から進んで親切にすることで良夢に変えることが出来ます。
求めるならば自分から与えることがコツです。
 
 

ライブハウスが出てくる夢

 
ライブハウスが出てくる夢は、人との繋がりを求めている暗示。
夢の中に登場するライブハウスのキャパにより心理状態の意味が変わります。

ライブハウスと言っても、数十人しか入れない小さな会場もあれば、1000人くらい入れる大きな会場もあります。

そのキャパが大きければ大きい程、大勢と人脈を持ちたいことの表れと言えるでしょう。
また、小さいキャパの場合は、狭く深い人間関係を築きたい気持ちのあらわれです。

心地よい人間関係のあり方は、人それぞれ異なるもの。
あなたの求めるもの形を知って、その実現のために必要な行動を心がけてくださいね。
 
 

ライブ中に乱闘が起きる夢

 
ライブ中に乱闘が起きる夢は、身近な人と喧嘩が起きそうな暗示です。

ライブ中に実際にファン同士の間で乱闘が起きてしまうということは珍しいことではありません。
乱闘によって全く無関係なファンが被害を蒙ってしまうこともあります。

この夢を見た時は身近な人とトラブルが起きる可能性があることを示しているので、自分の発言などに注意してください。
そして周囲の人にも悪い影響を与えてしまう可能性もあります。

とにもかくにも、しばらくは周りを刺激するような態度を取らないこと。
そして、他者に対する思いやりを忘れなければ、トラブルを未然に防ぐことができるかもしれませんよ
 
 

単独ライブを開催する夢

 
単独ライブを開催する夢は、自己顕示欲の強くなっているサイン。
私のことをもっと見て欲しい、注目されたいという時にこの夢を見ることがあります。

ライブを開催する夢自体が注目されたいという心理状態の表れですが、単独出演となることでますます見て欲しいという気持ちが強くなっているということです。

あまりにも自己顕示欲を丸出しにし過ぎると逆に嫌われてしまったりします。
トラブルを防ぐ為にあまり度の過ぎた行動は控えることが賢明です。
 
 

自分のライブの宣伝をする夢

 
自分のライブの宣伝をする夢は、頑張った私を褒めて欲しい気持ちが深層心理に隠れています。

頑張っている自分を誰かに評価してもらえるととても嬉しいですもの。
しかし、頑張ったことを誰も褒めてくれなかったらちょっと寂しいですよね。

そんな寂しい気持ちがライブの宣伝をするという行為で夢に登場します。

ライブの場合、告知をすればする程お客さんは増えますが、現実で頑張ってるアピールをすると逆効果です。
嫌がられて人が離れてしまうかも知れません。

評価してくれる人がいないことは悲しいことですが、このまま頑張りを続けてください。
私は本当によくやってると自分で褒めるべきです。

あなたのしてくれることを凄いね、頑張ってるねと褒めてくれる人が現れます。
目立たなくても、他人が褒めなくても自分で頑張りを認めるのもポイントです。
 
 

知り合いと一緒にライブを開催する夢

 
知り合いと一緒にライブを開催する夢を見た場合、その時一緒にライブをしていた知り合いは、今後もあなたと良い関係を築ける仲間であることを暗示しています。

これから先、ずっと信頼しあう良き友達になれそうです。
特に、ライブが盛り上がっていたなら、その友情は一生ものに。

ですが、ライブが失敗したりしたなら、知り合いとの関係にはヒビが入るかもしれません。
その場合は、知り合いとの接し方に注意するようにしましょう。
 
 

ライブに裏方として参加する夢

 
ライブに裏方として参加する夢は、あなたの仕事でのポジションが分かります。
ライブの主役はアーティストですが、その裏にはたくさんのスタッフが関わって支えています。

ステージからは見えない場所で頑張るあなたは、人に評価されないような仕事でも頑張って全力で取り組むことが出来る力を持っています。

上に立つことよりも裏で支えることで仕事の本性を発揮しやすいタイプです。
この夢のもう一つの意味は少しネガティブであり、もっと目立つことをやりたいという気持ちが表れてる場合もあります。
 
 

ライブのリハーサルを行う夢

 
ライブのリハーサルを行う夢は、物事を成功させる為に慎重になろうという努力の現われです。
この夢はあなたの真面目な性格が表れています。

リハーサルというのは本番で失敗をしてしまわないように行うもの。
普通バンドやアーティストは一度だけではなく何度もスタジオに入り繰り返し本番のように練習をします。

あなたも今から成功させたいことを確実に失敗しないでやる為に真面目に向き合っているということです。

ただし、リハーサル中に不快感を味わったりしていると、本心ではやりたくないと思っていることに取り組まなきゃいけない暗示かも。
あなたが少し面倒さを感じていることのあらわれなのですね。
 
 

自分で開催したライブが大成功する夢

 
自分で開催したライブが大成功する夢は、あなたの人気が高まる暗示です。
これまで自分が取り組んでいた仕事や課題に対して、周りから高評価が得られそうです。

しかも、ライブが大盛況だとしたら、その評価はあなたの想像を超えたものに。
このまましっかりと、努力を続けましょう。

また、この夢には、対人運が向上する暗示でもあります。
しっかりと自分をアピールをすることで、良好な関係が築けそうです。

それは異性に対しても同じことが言えますので、片思いの人は、これを機に告白などしてみると良いかもしれませんよ。
 
 

自分で開催したライブが失敗に終わる夢

 
自分で開催したライブが失敗に終わる夢は、運気が低下している状態を教えてくれています。

自信を持って取り組んでいるつもりだったことが失敗してしまったり、認めて欲しいと思った人が認めてくれなかったりすることが起きてしまいそうです。

ただ、そのことで落ち込んでしまっては、挽回のチャンスを手放すようなもの。
たとえ、うまくいかない時でも、自分次第で悪い運気を乗り切ることは可能です。

結果が出ないときはその原因としっかり向き合い、次に繋げる姿勢が道を開きます。
 
 

終わりに

 
ライブの夢の夢占いの意味を見てきました。

基本的にライブの夢を見たら、気分転換が必要なサインと受け取れそうですね。
実際にライブに行くのもいいですし、普段行かない場所に足を運んで、心も体もリフレッシュしてあげましょう。

気持ちがすっきりすれば、不安や不満も小さく感じるものなのかもしれませんよ。

以上、今回はライブの夢の夢占いの意味を見てきました。
それではまた。

ABOUT ME
TAKA
TAKA
幼少期より正夢・予知夢を見ること多数。夢の不思議な世界に魅了され、独自に夢占いを学ぶ。夢占い師の資格取得をキッカケに、もっとたくさんの人に素敵な夢占いの世界を共有したいと思い、夢占いラボを設立する。好きな言葉は『継続は力なり』。