夢占い

【夢占い】叫ぶ夢を見たら要注意?18の意味を知る

夢占い 叫ぶ

叫ぶ時といえば、どのような光景が思い浮かぶでしょうか?

驚いた時、怖い時、嬉しい時、怒った時などなど…。
色々なシチュエーションがありそうですよね。

では、夢の中で叫んでいたとしたならば、そこにはどんな理由があるのでしょうか?
今回は夢占いで叫ぶ夢の意味を調べて見ました。
 
 

夢占いで叫ぶ夢ってどんな意味?

 
叫ぶ夢には大きく分けて次の2つの意味があります。
 
 

叫ぶ夢の夢占いの意味その1 『精神的なストレス』

 
叫ぶ夢は、精神的なストレスのあらわれ。

焦りや不安、恐れ、苛立ち、といったネガティブな感情が溜まっているようです。
心理的に不安定な状態なので、今すぐに休養をとったほうがよさそう。
 
 

叫ぶ夢の夢占いの意味その2 『自己主張』

 
また、何かを強く訴えたい時にも叫ぶ夢を見ることがあるようです。
逆にいえば、それを訴えたくてもできない、あるいは訴えても仕方のない状況にいることを意味します。

いわば、あなたは自分自身の力ではどうにもならない状況にいるのかも。
無理をすると、思わぬ事態に襲われるかもしれませんのでご注意を。


叫ぶ夢の基本的な意味は、やはりあまり良い意味ではなさそうですね。

体調が悪い時に見たら、心や体からのSOSと言えます。
くれぐれも気をつけましょう。

では、ここからは、叫ぶ夢のシチュエーション別の意味をご紹介します。
早速チェックしてみましょう。
 
 

夢占いで叫ぶ夢の意味 パターン編

 

怒って叫ぶ夢

 
怒って叫ぶ夢は、ストレスがかなり溜まっている証拠です。
普段から我慢していることが些細な事であっても、溜まっていけば心身に影響を及ぼします。

ストレスのかからない生活や仕事を出来れば良いのかもしれませんが、実際にはなかなか難しいものです。

スポーツをしたり、友人に愚痴を聞いてもらうなど上手にストレスを発散したり、セルフコントロールを実践してみるなど工夫してみませんか?

自身の精神衛生のために、少し考えてみてくださいね。
 
 

暗闇で叫ぶ夢

 
暗闇で叫ぶ夢を見た場合、見通しの立たない未来に対して、あなたが不安を感じていることを暗示しています。

更にその不安は、今や恐怖と言っても過言ではないほどに高まっているようです。

現実世界で、何か強いストレスを感じるような問題を抱え込んでいるのではないでしょうか。
絶望を感じるほどの状態に追い込まれていることを夢は表しています。

一人で解決することは無理だと割り切って、信頼できる人や、その道のプロに相談してみましょう。

なんにせよ、この状況を打破するには、前に進もうとする気持ちが大切です。
 
 

「助けて」と叫ぶ夢

 
「助けて!」と叫ぶ夢を見た場合、心が追い詰められて助けを求めていることを暗示しています。
自分ではどうすることもできない問題で、精神的に疲れ切っているようです。

また、近いうちに問題が起こり、自分は悪くないのに人から責められるようなことになることを警告されています。

しばらくは他人から悪意をもらわないように、慎重に過ごしましょう。
もしも問題が起きたなら、毅然とした態度を取り、早めに信頼できる人に相談することが大切です。
 
 

助けを呼ぶ声が出ない夢

 
助けを呼ぶ声が出ない夢を見た場合、あなたが現実世界でも窮地に立たされていることを暗示しています。

しかし、追い詰められているにも関わらず、疑心暗鬼になりすぎて、誰にも助けを求められていないのではないでしょうか。

誰かが手を差し伸べても、それを振り払ってしまって、結局どんどん人が離れていくという悪循環を生み出してしまっています。

もっと人を信用するべきだと夢は警告しているのですね。

差し出された手を見極めることは大切ですが、本当に信用できる人まで遠ざけないよう注意しましょう。
 
 

自分の叫ぶ声で起きる夢

 
自分の叫ぶ声で起きる夢は、体がお疲れモードになっているという警告を表しています。

夢の中で叫んでいるだけではなく目が覚めてしまうということは、現実でも何かストレスを抱えているはずです。

それがちょっとしたストレスだとしても夢になって現れることもありますし、小さなストレスが蓄積して爆発してしまうこともあります。

この夢を見た時は気分を切り替える為にリフレッシュすることが大事です。

可愛い動物に癒されてみたり、感動する映画を見て思い切り泣いたり、おいしい物を食べたりしてストレスを発散するように心掛けてみてくださいね。
 
 

大声で誰かを呼ぶ夢

 
大声で誰かを呼ぶ夢は、あなたが人恋しくなっているか、孤立無援の状態である暗示です。

対人関係があまり上手くいっていなかったり、新しい環境で親しい相手がいない、馴染めない状態なのかもしれません。

なにか趣味の集まりやサークル、ボランティアなどに参加してみると良いかもしれませんね。

職場や学校の人間関係にお悩みの方は、その場所だけがあなたの居場所というわけではない、ということを知ってください。
世界はあなたが思っているよりも広いのですから。
 
 

嬉しくて叫ぶ夢

 
嬉しくて叫ぶ夢は吉夢です。
今まで悩んでいたことから解放されたり、ストレスフリーな状態になれる前兆です。

この機会にアクティブに過ごすと新しい発見や出会いがあり、あなたの人生を豊かなものに変えてくれそうです。
積極的に行動することで充実した毎日が送れるでしょう。

または、あなたの意識がとても前向きなものに代わる予兆となります。

心が明るく前向きであれば、不思議と運気も上昇するので、しばらくは安定した状態で過ごせそうですよ。
 
 

驚いて叫ぶ夢

 
驚いて叫ぶ夢を見た場合は、今抱えている問題が更にこじれることを警告されています。

ただえさえ面倒な案件が、ますます手に負えなくなってしまうかもしれません。
自分に課せられている業務について、一度見直しを行いましょう。

気が進まなかったり面倒な業務があれば、それが問題を引き起こす可能性が高いので要注意です。

それらの計画の問題点を再検討し、なるべく早いうちから色んな人に相談して、何か起きた時にすぐに対処できるようにしておきましょう。
 
 

怖い夢で叫んで起きる夢

 
怖い夢で叫んで起きる夢をみたら、あなたが不安や心配事に頭を悩ませていることを示しています。
それを「どうにかしたい」と思いながら日々を過ごしているのでしょう。

不安や悩みの種は自分自身で作っていることも多いものです。
考え方を変えて前向きにするだけでも、気分を変えることができます。

また、人間関係で悩んでいる人は思い切って環境を変えてみるのもおすすめです。
自分のことを誰も知らない世界に踏み入れることで、周囲のあなたへの見方も変わってくるかもしれませんよ。
 
 

泣きながら叫ぶ夢

 
泣きながら叫ぶ夢は、現実では吐き出すことのできない感情を力一杯放出しています。

我慢し過ぎて心が限界にきているのかもしれません。
しばらくお休み出来るならそうしてくださいね。

休みたくても休めない人は、リラックスタイムをつくること。

眠る前に部屋の照明を小さくして、リラックスできる音楽やアロマなどで楽しみながらストレッチしたり読書をするなど色々試してみましょう。

思いきって転職を考えてみるのもひとつの手段ですよ。
 
 

職場で叫ぶ夢

 
職場で叫ぶ夢を見た場合、現実の職場で人間関係に悩んでいることを表しています。
この問題にはあなた自身は大きく関わっていないかもしれませんが、傍で見ているだけでも不安と心配で、あなたの精神を相当すり減らしているようです。

ただ人間関係の問題に下手に手を出すと、あなたにまで問題が飛び火してしまう可能性も。

慎重に動いたほうが得策です。
そして、自分でどうにかしようとするのではなく、周囲の人と協力して解決するようにしましょう。
 
 

学校で叫ぶ夢

 
学校で叫ぶ夢を見た場合、自分を取り巻く環境に不満があるということを暗示しています。

溜まりに溜まった不満を、夢の中で爆発させて少しでも楽になろうとあなたの心理が働いているのです。

ですが、これは一時しのぎでしかなく、環境が変化しなければまた不満が溜まっていくだけ。

今の環境から飛び出すか、今の環境に適応していくかを、あなたは選ばなくてはなりません。
どちらを選んでも相応の努力はしなくてはならないので、よくよく考えて選びましょう。
 
 

家の中で叫ぶ夢

 
家の中で叫ぶ夢は、あなた自身のストレスを表しています。
夢の中での家の様子はどうでしたか。

家の様子で、あなた自身のストレスの状況がわかります。
きれいな家の中であれば、それほど心配する必要はありません。
良い睡眠とったり、リラックスしてみましょう。

ただ、散らかったり、汚い家の中であれば、注意が必要です。
心の中も同じ状況で叫びたくなっています。

まずはストレス、不安の原因を探ってみましょう。
 
 

カラオケで叫ぶ夢

 
カラオケは好きな音楽に合わせて大きな声で歌うため、ストレス解消にもつながります。
カラオケで叫ぶ夢をみたら、やはり現実の世界で何らかのストレスをためている暗示です。

心の中に有るモヤモヤを思いっきり吐き出したい気持ちが高まっているのでしょう。

叫んだ後はすっきりとしているのであれば、抱えていた問題が解決に向かう兆しとなります。

自分だけで解決しようとするのではなくて、不満を抱えているときには誰かに話を聞いてもらうようにしましょう。
 
 

叫んでスッキリする夢

 
叫んでスッキリする夢は、あなたが今抱えている重圧やストレスから解放されることを表す吉夢です。

実生活において、鬱憤が溜まった時にどこかに向かって叫びたいと思ったことはありませんか。

夢の中で叫ぶことによって、日頃自分を縛っているものから逃れたり、フラストレーションを発散させたいという願望を表現しているのです。

日常的に叫ぶことはできないとしても、何か自分のイライラを解消させることのできる趣味などを見つけたいものですね。
 
 

何度も叫ぶ夢を見る

 
何度も叫ぶ夢を見た場合、それはあなたに不幸や災いが降りかかるかもしれないと警告しています。

仕事や人間関係で問題が発生したり、既に発生している問題が更に悪化することが考えられます。

特に後先考えずに行動するとこのような事態が発生しやすくなるので、しばらくは節度を持って行動しましょう。

また、病気や不調についても暗示しています。

休める時間を確保し、体調管理をしっかりとしましょう。
具合が悪いなど、思い当たることがあるなら早めに医療機関を受信すること。
 
 

叫ぶ人を見る夢

 
叫ぶ人を見る夢をいたら、叫んでいる人が誰であったかを思い出して見ましょう。

あなたの知っている人であったら、その人がストレスや不安を抱えているので手を差し伸べてあげるべきです。

逆に知らない人だった場合には、叫んでいる人はあなたの分身だといえます。

自分でも気が付かないうちにストレスが溜まって爆発寸前になっているのです。

ストレスと解消するために、スポーツで汗をかいたり、好きな音楽を聴いてリラックスするとよいでしょう。
 
 

子供が叫ぶ夢

 
子供が叫ぶ夢を見た場合、あなたがまだ未熟であることを暗示しています。
現実世界で、実績もないのに傲慢になっていたり、何もしていないのに不満ばかり言っていませんか。

夢は、もっと自分の未熟さを知って謙虚になって行動すべきだと忠告しています。
自分自身と、一度しっかりと向き合うべき時期が来ているようです。

未熟さや弱さを理解し、克服するためにも、もっといろいろなことを学び、努力しましょう。そうすることで、一回りも二回りも成長することができるはずです。
 
 

まとめ

 

叫ぶ夢を見たら、思い通りにならない現実にメスを入れるタイミングと言えます。

その際に気をつけたいことは、自分の外ばかりに原因を求めないことです。
もしかしたら、不満をためてしまう原因は、あなたの内側にもあるのかもしれません。

まずは、冷静に状況を見つめ直すこと。
そのためにも、心と体を休め、リラックスさせてあげてくださいね。

精神的に落ち着いてくれば、これまで見えてこなかったことや、考えつかなかったアイディアが見つかるはず。
潜在意識は、あなたを怖がらせたり、困らせるために叫ぶ夢を見せたわけではありません。

夢が見せてくれたヒントを、現実を良くする方向に役立てましょう。

以上、叫ぶ夢の夢占いの意味についてお届けしてきました。
それではまた。

ABOUT ME
TAKA
TAKA
幼少期より正夢・予知夢を見ること多数。夢の不思議な世界に魅了され、独自に夢占いを学ぶ。夢占い師の資格取得をキッカケに、もっとたくさんの人に素敵な夢占いの世界を共有したいと思い、夢占いラボを設立する。好きな言葉は『継続は力なり』。